5月 22nd, 2016

ファー付きのダウンコートをお持ちなら

ダウンコートはさりげなく着こなす防寒効果の高いファッションで、男女問わず人気の高い冬を代表するファッションです。近年では特に、ファーが付いたものへの人気が高く、定番の首回りに付いているものから、手首に付いているものなど実に幅広く、ダウンコートにファーが付いているだけで暖かいだけではなく、ひと味違った雰囲気を演出出来るため、特に取り外しが可能なファーのダウンコートは高い需要があります。

人気の高いファー付きのダウンコートでも、サイズが合わなくなったなどの関係でクローゼットにしまったままの状態にしてある方も多くいます。そのようなダウンコートを僕らは探しています。使われなくなったものは、あなたが不必要でも誰かが一生懸命探しているものである可能性は高いのです。

買取において、不安を感じるかたも多くいると思いますが、査定を行うだけでも構いません。しかし、満足価格を狙いたいのであれば、査定基準でもある、出来る限り状態を良好にして依頼されることをおすすめします。ボタンがとれていたらつけ直す、汚れがある場合、取れる範囲で取り除いておくだけで、査定結果は大きく異なります。家に眠っているダウンコートがあるのなら、お気軽に相談をおすすめします。

admin コート No Comments »

5月 7th, 2016

ファーブルゾンで着太りさせないポイント

ファーは、モコモコした意匠が特徴で、ゴージャス感を出すことができるアイテムです。コートの場合は、縦のラインでゴージャスな印象を作ることができるので、あまり気にする必要はないのですが、ファーブルゾンを着るときは、着太りしないように、ポイントを押さえましょう。

一言で言うと、Aラインを作ることが大切です。Aラインとは、頭から下にむけてAの字になるようにコーディネートするということです。たとえば、ファーブルゾンを着るときに、ブルゾンの上にさらにポンチョやショールを羽織るとAラインを作ることができて、着太りして見えません。また、フレアスカートを着ることでもAラインを作ることができます。ただし、フレアスカートを着るときに、ファーブルゾンのボタンやチャックをすべて閉じてしまうとウエストが太く見えてしまうので、オープンに着る方がよいです。トレンチコートのテクニックですが、クローズに着るのでしたら、ウエスト周りに少し締め付けるようなベルトやアクセサリーを付けるのも良いです。

ファーブルゾンの色でも、着太りを回避することができます。グレー系やブラウン系の色を使うと膨らんで見えません。ただし、地味になってしまう可能性があるので、インナーには少し強めの明るい色を入れるとインナーの線が目立って細く見えます。

admin ファー No Comments »

5月 3rd, 2016

ファーのついたアイテムでファッションを楽しんで

付け襟といったファッションアイテムがありますがファー(フェイクファー )もある意味「付け襟の仲間」の部類に該当するかもしれません。この「部分的アイテム」でもあるファーは近年のファッションに大いに貢献しています。コートの襟に取り外しが出来るタイプのファーは便利な代物と言えます。シンプルに着こなしたい時には外してみたり、ゴージャスに着こなしたい時にはファーを付けて楽しむ事が出来るからです。取り外しの出来るタイプのファーはコートだけでなくセーターにも付ける事が出来ます。シンプルなセーターでもファーを付けることでゴージャスな雰囲気に仕上がったりするものです。普段使いのセーターがこういった「部分的アイテム」によって魅力的なファッションスタイルになれるのですから「ファッション小物」の役割は大きいと言えます。そしてファーはファッション性だけでなく防寒の役割も同時に果たしてくれます。寒い冬の時期、首元をあたたかくしてくれますしオシャレな雰囲気も醸し出してくれます。ファッションは必ずしも高価なものでなければならないといった事はありません。こういった「ファッション小物」を上手く組み合わせていく事で今持っている衣類を生かす事が出来るからです。

admin ファー No Comments »

4月 29th, 2016

猫の毛皮に需要はあるのか

一般的に毛皮というとミンクやキツネ、イタチ、テンなどがイメージされるでしょう。冬の防寒着として暖かく、しかも見た目に高級感があって、さまざまな素材が科学的に開発された現在でも需要が高くなっています。

しかし衣服として使われる毛皮は実はこれだけではなく、18世紀の頃、イギリスの庶民はミンクやテンなどは高くて手が出せず、犬や猫などの毛皮を着ていたと言われています。ミンクでさえコートにするには30頭ほど必要となるのに犬や猫で足りたのかというと、絶対数から考えて十分に補えたはずです。しかも犬はともかく、猫というのは一部では不吉の象徴として嫌われていたので、狩って毛皮にすることに拒否感はなかったでしょう。

今でこそ犬や猫は愛玩動物として可愛がられていて、毛皮にすると聞くと残酷だと思うかもしれませんが、食用の動物もいるわけで感情論に過ぎません。もっとも防寒としてや見た目の高級さから考えると、あえて犬や猫の毛皮を使う必要もないのが現状になっています。

毛皮というのは歴史が古いもので、人間が最初に衣服として用いた素材です。生活が豊かになるに従って感情論で否定されることも多いですが、必要性を知ることも大切になります。

admin No Comments »

4月 13th, 2016

上品にまとめられるピンクのファーコート

ファーコートの購入を考えるとき、他の服とのコーディネートを考えて、ブラックやブラウンといった色を選択する方を多く見かけます。色の組み合わせで見ると確かに汎用性は高いのですが、実は暗い色のファーコートの方がコーディネートが難しいのです。もともと、ファーコートはフサフサの意匠も含めて存在感が強いので、もし似たような色で合わせると、全体的に沈んだイメージになってしまいます。なので、ファーコートに負けないように、インナーや、靴の色も鮮やかで強めの色やデザインを選ぶことになるのですが、今度は、コートを脱いだときに色が主張しすぎてしまうという課題も出てきてしまいます。

そこで、ピンクやベージュといった明るい色のファーコートを選ぶと、インナーのコーディネートが楽になります。ピンクやベージュでしたら、グレーや黒も相性が良いですから、インナーをシックにまとめても違和感がありません。また、ジーンズやギンガムチェックスカートのようなカジュアルな服装ともピンクやベージュのファーコートは合います。気を付けるとするなら、比較的コントラストのしっかりした柄や組み合わせを選ぶ点です。ナチュラルな化粧や、フォークロア調の装いでもピンクやベージュのファーコートは過度な主張をせずになじみますので、一度試して見てはいかがでしょう?

admin ピンク No Comments »

4月 11th, 2016

毛皮買い取りで押さえるべきポイント

毛皮買い取りで高価買い取りを実現したい場合にはポイントを押さえることが重要になります。

まず、毛皮は売却したいと考えたらすぐに買い取り業者に売却することです。売りたいと思ったら今が売り時!

なぜなら、毛皮の場合、年月を経るにつれて品質が劣化してしまうからです。品質は買い取り金額に影響を及ぼしますので、高価買い取りを実現するためにはなるべくよい状態にしておくことが重要なのです。そのため、自宅で保管をする際にも定期的なお手入れが必要になります。

お手入れといっても毛皮は自宅の洗濯機で洗ってはいけません。毛皮の場合には、ぬるま湯にシャンプーや台所洗剤を薄めた洗浄液で優しく汚れを拭き取ります。その後は約10倍に薄めたお酢で再び拭き取りをし、陰干しで自然乾燥をさせます。そして、乾いた後に手ぐしでブラッシングを行うのです。

毛皮買い取りでもう1つ重要なポイントは、毛皮専門の買い取り業者に依頼をすることです。毛皮専門の買い取り業者でしたら、毛皮に関しての知識に特化している査定士が価値の判断を行ってくれますので、毛皮買い取りで高価買い取りが実現できる可能性は高くなります。

毛皮買い取りを利用する時にはこれらのポイントをきちんと押さえて売却をするようにしましょう。

admin 毛皮 No Comments »