Archive for the ‘猫’ Category

猫の毛皮に需要はあるのか

一般的に毛皮というとミンクやキツネ、イタチ、テンなどがイメージされるでしょう。冬の防寒着として暖かく、しかも見た目に高級感があって、さまざまな素材が科学的に開発された現在でも需要が高くなっています。 しかし衣服として使われる毛皮は実はこれだけではなく、18世紀の頃、イギリスの庶民はミンクやテンなどは高くて手が出せず、犬や猫などの毛皮を着ていたと言われています。ミンクでさえコートにするには30頭ほど必要となるのに犬や猫で足りたのかというと、絶対数から考えて十分に補えたはずです。しかも犬はともかく、猫というのは一部では不吉の象徴として嫌われていたので、狩って毛皮にすることに拒否感はなかったでしょう。 今でこそ犬や猫は愛玩動物として可愛がられていて、毛皮にすると聞くと残酷だと思うかもしれませんが、食用の動物もいるわけで感情論に過ぎません。もっとも防寒としてや見た目の高級さから考えると、あえて犬や猫の毛皮を使う必要もないのが現状になっています。 毛皮というのは歴史が古いもので、人間が最初に衣服として用いた素材です。生活が豊かになるに従って感情論で否定されることも多いですが、必要性を知ることも大切になります。

Posted on 4月 29th, 2016 by admin  |  No Comments »